テレビを見るためには当然アンテナを取り付ける必要がありますが、引越し先にアンテナが無かったり、BS放送用のアンテナを再度取り付ける場合は、改めて取付作業を行う日があります。専門業者に依頼することも出来ますが、1万円以上掛かることはほぼ確実なので、なるべく予算を掛けたくないという方は、自分でアンテナ取付に挑戦してみましょう。

自分でアンテナを取り付ける場合は、取り付け位置の調整などを同時に行う必要があります。BSアンテナの場合は、特に電波の受信レベルが変動しやすく、ほんの少し角度を変えるだけで電波を受信できなくなります。取付の際は、少しずつ角度を変え、変えた位置から5秒ほど動かないようにして、電波の受信度合いの変化を確認するようにしましょう。

自分でアンテナを取り付けることが出来れば、取付費用を大きく節約することが出来ますが、屋根の上での作業を行うなど、危険な作業が必要になることもあります。さらに取り付けの固定が甘かったりすると、強風でアンテナがずれるなどのトラブルも起きやすいので、最適な状態できちんと固定されているかどうか、何度も確認するようにしましょう。そうした注意点さえ気を配れば、よりお得にテレビを見られるように出来るはずです。